とても深いグリーン 歌詞 Flower



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

とても深いグリーン》歌詞:

作詞:小竹正人
作曲:Manaka Suzuki・Yoshihiro

それは とても 深いグリーン

私の部屋で キミと毎晩 朝まで話し込んだよね
すごく 他愛もないことで はしゃいで
お気に入りのソファー 手の平ひとつ分だけ離れて座ってるときに
愛しさだけが 愛しさだけが もう 泣きたいくらい 溢れていたの

深緑のカーテン越しに広がる夜が
ぼんやり明るくなって
「そろそろ寢ようか?」キミがそう言うたびに
ぎゅっとぎゅっとぎゅっと抱きついてた
小さなベッドで窮屈そうに眠る
それさえ幸せだったの
サヨナラするなんて まるで思わなかった
キミがキミがただ好きでした…グリーン

二人で一緒に この部屋のもの ひとつひとつ選んだから
全部 思い出が殘ってて 困るわ
新しく何もかも 変えようとしてみるけど それができないのは多分
まだキミのこと まだキミのこと 相変わらず 待っているから

深緑のカーテン風に吹かれて揺れて
思わずドアの方を見た
西日が射すだけで キミはどこにもいない
バカねバカねバカね思い過ごし
止まった時計を動かそうともしないで
私はひとりきりのまま
サヨナラいつまでも 聞いてないふりをして
キミをキミを待ち続けます…グリーン

(Your name your name is Green
それは とても 深いグリーン)
左利きのキミの腕が 包んでくれた
ねえグリーン 私の左肩がずっとずっと探してるの キミだけ

深緑のカーテン越しに広がる夜が
ぼんやり明るくなって
「そろそろ寢ようか?」キミがそう言うたびに
ぎゅっとぎゅっとぎゅっと抱きついてた
小さなベッドで窮屈そうに眠る
それさえ幸せだったの
サヨナラするなんて まるで思わなかった
キミがキミがただ好きでした…グリーン

You may also like...