さよならごっこ 歌詞 amazarashi



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

さよならごっこ》歌詞:

作曲 : 秋田ひろむ
作詞 : 秋田ひろむ

憂鬱が風に散らばり 吹き溜まって影になる
在陰鬱的風中零亂 無處可去徘徊遊蕩的影子
僕らの足音は 無用を饒舌に諭す
我們的腳步聲 就像無用的絮絮叨叨
君の瞳の深さを覗き見て狼狽える
窺探你瞳中的深邃 驚慌失措
望みなどあったでしょうか この行き先には
在道路的前方 希望又是否真的存在

戯けて笑うのは この道が暗いから
胡鬧著蠢笑著 是因為前路昏暗
燈りを燈すのに 僕がいるでしょう
即便點亮了燈火 但你還有我在啊

さよならごっこは慣れたもんさ
縱然已經習慣了告別遊戲
でも手を振ったら泣いちゃった
但還是會在揮手時泣不成聲
僕らの真っ赤な悲しみが
我們在鮮紅色的悲傷中
暮れる 暮れる そして夜が來る
沉浸著 沉浸著 然後黑夜開始降臨

當たり前にやってくる明日なら
如果只是理所應當地等待到來的明天
生きたいなんて言わなかった
這又怎能說是想要存活
よせばいいのに夢見てしまう
本來只是靠近就滿足了卻做了美夢
未來 未來 君のせいなんだ
未來 未來 是你的錯啊

成し遂げねばならないこと三日月にぶら下げて
不得不去完成的事情 被懸掛在新月之下
さまよう夜道にすら安堵は君の背に明るい
徬徨在告別的夜路 安心的是你熟悉的背影
信じるには時間がいる ましてや他人だから
信任需要時間 更不用說是陌生人
それでも道が同じなら 離れる理由もない
儘管如此若我們道路相同 便沒有了分別的理由
全てが終わったら 分かち合うために
如果全都結束了 為了共同分享承擔
誰かがいるでしょう 僕がいるでしょう
又希望誰能在身邊 我就在這裡啊

さよならごっこは慣れたもんさ
縱然已經習慣了告別遊戲
でも手を振ったら泣いちゃった
但還是會在揮手告別時泣不成聲
僕らの真っ赤な悲しみが
我們在鮮紅色的悲傷中
暮れる 暮れる そして夜が來る
沉浸著 沉浸著 然後黑夜開始降臨

初めからそこにある愛情なら
如果從一開始就存在的愛情
確かめ合うことはなかった
未曾與對方互相確認過
急にもつれ合う縁だから
突然互相糾纏的緣分
觸れる 觸れる 心の襟元
觸碰 觸碰 內心深處

辛さなら背負えるから
因為能背負辛酸
痛みなら分け合えるから
因為能共同分擔痛苦
でも君の宿命までは
但是卻沒有辦法

肩代わりできなかった
替你肩負起宿命
別れは何度目でも
因為無論分別多少次
相変わらず悲しいから
這悲傷從未曾改變
別れるふりをするんだよ

所以才一直假裝分別
さよならの遊びだよ
這是告別的遊戲呀
いつか必ず會えるって
總有一天還能再見
自分をだます遊びだよ
欺騙著自己繼續這遊戲
(いつか必ず會えるって)
(我們總有一天會再相見)

さよならごっこは慣れたもんさ
即便已經習慣了告別遊戲
でも手を振ったら泣いちゃった
但還是會在揮手告別時泣不成聲
僕らの真っ赤な噓だけが
我們在這鮮紅的謊言中
濡れる 濡れる そして朝が來る
濕透著 哭泣著 然後黎明開始來臨

離れ離れになるってことは
最終成為分別分離的
一度は一つになれたかな
也曾經合為一體過吧
諦めと呼べば後ろめたい
放棄了最後只剩內疚
宿命 宿命 そう君はよんだ
宿命 命運 你就這樣念著

You may also like...